シングルマザーが幸せな恋愛をするためのコツ

シングルマザーが幸せに恋愛をするためのコツを勉強しましょう

独身といえども、シングルマザーが恋愛をする時は子どもへの配慮が必要不可欠です。ただし、世間のシングルマザーが恋愛をすることを否定する意見を気にし過ぎる必要はありません。彼の存在が心の支えになり、孤独だった心が癒されることもあります子どもを第一に考え、それを理解してくれるパートナーであれば恋愛を心から楽しむことができます。そこで、幸せを手に入れるため男性と上手に恋愛するコツをご紹介します。

シングルマザーであることを隠さない

若くしてシングルマザーになった人は特に、子どもがいるように見えないことがあります。相手が好意を抱いてくれた時に、シングルマザーだという事実を知らない場合もあります。しかし、恋愛を成就させ交際を始める場合は、デートに子どもを連れて行く、あるいは誰かに預かってもらうなどしなければなりません。独身の女性とは違い彼と会える頻度も1日あたりの時間も少なくなります。シングルマザーであることを相手に隠せば、子どもを長時間人に預けたり留守番させることになります。子どもがいることを受け入れられない相手であれば、縁がなかったと思い付き合うことはやめるべきです。隠しごとをしながらの恋愛で心が癒されることはありません。成功させるコツとしては、一度子供のことが好きか嫌いかをさりげなく聞いてみると良いでしょう。

予定を立てて会う時間を作る

独身の頃なら、衝動的に恋人に会いに行くことがあります。ですが、きちんと事前に予定を立てることがシングルマザーが恋愛を楽しむコツとなります。できるだけ子どもに負担の掛からない時間を選びます。子どもが小さい間はできるだけ夜遅くまでの外出は控えます。彼と楽しい時間を過ごせば別れがたくなり、帰る時間を延ばしたくなりますが、約束の時間を過ぎても母親が帰ってこなければ子どもは不安になります。我が子が悲しむ恋愛をしていれば、後ろめたい気持ちになり、結局は別れることになります。彼と会っている時間は思う存分楽しみながら、時間を決めメリハリのある恋愛を楽しむことが大切です

彼氏に我が子に会わせる必要性を考える

子どもの年齢や親子関係によって違いますが、自分の母親に彼氏がいることを受け入れられない子どもも多くいます。シングルマザーが自分の子どもに彼氏を紹介したくなった時、自分自身で何のためなのかを問わなければなりません。彼との再婚が決まった時は確かに必要ですが、子どもに気を使いながら彼と付き合うことに疲れ、彼氏がいることを子どもに理解してもらい、今以上に彼と自由に会うためだったとしたら、子どもに甘え過ぎています。子どもが自立すれば自由に恋愛を楽しめるようになるので、子どもの気持ちを第一に考えなければなりません