シングルマザーでも大丈夫。出産にかかるお金をできる限り減らす方法

お金がかかる出産を少しでも楽にできる

出産するのにお金がかかることは知られていますが、定期検診や出産費を合わせると50万~100万円といわれています。もし不倫などで結婚できない相手の子供を身ごもってしまったり、妊娠中に離婚してしまった場合は、金銭面で大きな問題を抱えることになります。それでも、子どもを産むことは女性の喜びであり、またかけがえのないことです。妊娠、出産に対して公的な補助制度があるので、上手に利用してかかるお金を軽減することが可能です。

出産にかかるお金の内訳

出産費用をいくらかになるか確認が大事

定期検診は、妊娠してから出産するまでに必ず行わなければなりません。胎児と母親の健康状態を管理するためですので、お金がないシングルマザーだからと受診しないのは良くありません。出産までに平均で10回前後の受診となり、総額10万円程掛かります。マタニティ用品や出産後のベビー用品も大きな出費となりますが、リサイクル品や普段使っているものを代用することでかかるお金を抑えることができます。それでも、出産費用は大体30~70万円になります。それに合わせて、大部屋なのか個室か、出産した日が祝日か、出産方法は自然分娩か帝王切開かなどでも費用は変わってきますので、大目に見積もっておくことが大切です

シングルマザーは大助かり!「出産育児一時金」

出産育児一時金は一児につき42万円、健康保険から支給されます。ただし、受給できるのは出産後ですので、出産が終わるまではお金を立て替えておく必要があります。ですが、出産にかかるお金を大分削減できますので、必ず申請しておきましょう。

会社勤めのシングルマザーは嬉しい、出産手当

産前産後合わせて98日は産休となり給与は基本的に支給されません。しかし、新生児であってもかかるお金は多くありますので、生活を支えてくれる産休手当が勤務先の健康保険から支給されます産休中は標準報酬日額の2/3を受給できるので、会社に勤めているシングルマザーは一安心できます。

医療にかかるお金が一部返ってくる高額医療控除

一年で10万円以上医療費がかかった場合、確定申告で税務署に申請すればその一部のお金が返ってきます。特に妊娠、出産をした年は高額医療費控除の対象となりやすいので、忘れずに申請してください。

以上、シングルマザーが出産する際にかかるお金を軽減させる制度を紹介しました。妊娠、出産にかかるお金は確かに大きいですが、受給できる手当の額も大きいので、お金のことを心配し過ぎる必要はありません。