シングルマザーの子育ての悩みを解決!鍵は完璧主義にならないこと!

子育てに仕事…多忙な毎日にイライラしていませんか

母親でもあり父親でもあるシングルマザーは辛い

シングルマザーになると、仕事はもちろん家事も育児も全て一人でこなさなければなりません。自分の実家に頼れるシングルマザーも中にはいますが、そういう人はとてもラッキーな人たち。自分と子供の生活を一身に背負わなければならない重圧は、自分で望んだ道だったとしても辛く感じることがあるものです。

特に子育ては制約が多く悩みが尽きない

仕事は大人同士の関わりなので、相手があるといってもある程度ですみます。でも、子育ては、全力であたることがほとんどです。思いもよらないトラブルが発生して「詰み」の状態になってしまう事もしばしばあります。

シングルマザーの子育てが少し楽になります

この記事では、そんなシングルマザーの子育てが少しでも楽になるように、子育てをするにあたっての力の抜きどころやお悩みの解決方法。そして、いざという時に頼れる機関を紹介します。

完璧主義を捨てて、自分を愛してあげよう

なんでも一人でしようとしない

一人でするより、誰かを頼ることもシングルマザーには必要

シングルマザーにありがちなのは「自分で決めてシングルマザーになったのだから、なんでも自分一人でこなさなければならない」という信念です。それはとても素晴らしいことだと思うのですが、その信念を貫こうとするばかりに解決することを見いだせず、自分自身を困窮させてしまっては元も子もありません。
鏡を見てください、映った自分の顔はどんな顔でしたか?眉間にシワがよっていませんか?その顔はあなたの子供にとってのいつものお母さんの顔かもしれませんよ。できることなら、リラックスした幸せそうな顔をいつもの顔にしておきたいですよね。
そのためには、頼れるところは頼り、力を抜けるところは抜くという姿勢で過ごし、心にも体にも余裕をもたせておくことが必要になってきます。

子供に必要なのは親の幸せな姿

百ます計算の指導で有名な陰山英男先生をご存知ですか?子供を伸ばす教育指導で有名な彼の名言にこういうものがあります。

”将来子どもに幸せになってほしいなら、今を幸せにしてやることだ。そして、今子どもを幸せにしたいなら、親が今幸せになることだ。そして、未来の幸せのために今の幸せを我慢すれば、さらなる我慢が待っているだけだし、親が我慢すれば、子はさらなる我慢を強いられる。”
引用ツイート
https://twitter.com/Kageyama_hideo/status/638829545051676672

お金を稼がなければ生きていけないし、家事もやらなければ家庭が回らないと毎日必死に動くシングルマザーですが、それが子供への我慢の無理強いになってしまっては、子供も母親も幸せではありません
お金や家事に気をとられ、追い詰められるとわが子でさえも邪魔に思えてしまうことがあります。そうなる前にちょっと一息入れておきたいですね。

頼れる場所には頼る

一人で育児をしていると育児ノイローゼを発症しやすいと言われています。特に初めての育児であった場合には、育児に対する不安や相談相手の不足などから発症しやすいのです。
これを防ぐためには、育児に疲れた時には頼れる機関や親への協力なども活用することが有効です

ファミリーサポートセンターに登録しておく

ファミリーサポートセンターは、育児や介護の援助を受けたいという人が援助を受けることができる制度です。例えば、保育園までの送迎や子供の一時預かりなどを依頼することができます。利用するためには予め登録する必要がありますが、登録しておけば安心ですね。

一般財団法人女性労働協会
http://www.jaaww.or.jp/

シングルマザー向けの無料メール相談を利用する

一般社団法人シングルマザー支援協会では、シングルマザー向けの無料メール相談を行っています。利用するためには協会の無料会員になる必要があります。メール相談は往復3回まで無料ですが、シングルマザーに特化したサービスなので安心して相談することができます。

一般社団法人シングルマザー支援協会
http://xn--qckmb1noc2bzdv147ah7h.com/

子供の急な病気で困ったら「#0800」へ

子育ての悩みの一つに子供の病気があります。特に病院の診療時間外に発症した場合は、救急病院を受診した方がいいのか、それとも翌日まで待ってもいいのか判断に苦しみますよね。
そんなときは、「#0800」に電話をしましょう。この電話番号は小児救急電話相談といい、全国共通の電話番号です。実施時間帯は各都道府県によって異なりますが、子供の症状に応じた対処法や処置の仕方を小児科医や看護師から受けることができます

こどもの救急(厚生労働省研究班/公益社団法人 日本小児科学会監修)
http://kodomo-qq.jp/index.php?pname=n8000

「自分で決めた道=周りに頼らない」は捨てよう

周りを頼ることがシングルマザーの大事なこと

世の中にはシングルマザーでありながら、仕事も子育ても難なくこなしてきた人の美談が溢れています。中には、そんなシングルマザーに育てられた子どもの経験談さえもあります。でも、そういう人たちと自分を比べる必要はないんです。
子育てというのは夫婦が揃っていたとしても、苦労するもの。シングルマザーはそれを一人でやるのですから悩むのは当たり前です。悩みを解決するなら、なんでも一人でやろうとせずに、公の機関もフルに活用して親子で幸せな暮らしをしたいですね。