シングルマザーは不倫相手に選ばれやすい!?貞操観念0の男を追い払う方法

なぜシングルマザーは不倫相手に選ばれやすいのか

「シングルマザーが夫と同じ職場にいる」というだけで、警戒心を抱いてしまう奥様方がいるように、シングルマザーの恋愛というと不倫恋愛を思い浮かべる人も多いのです。悲しいことなのですが、シングルマザーは不倫相手に選ばれやすいというのも現実です
この記事では、貞操観念0の男から自分の身を守るためにシングルマザーが不倫相手に選ばれやすい理由と、撃退方法をご紹介します。

貞操観念0の男に狙われる3つの理由

貞操観念0の男がシングルマザーを狙うのには、主に3つの理由があるんです。

1.男が恋しいと思われている

シングルマザーは仕事に家事・育児と恋愛とは疎遠になる忙しい毎日です。「男がいなくて寂しいんじゃないの?」と思われる可能性が高いのが事実。貞操観念0の男はそこを狙って不倫をしようと近づいてきます。

2.相談を装えば付け入りやすいと思われている

自分にも妻子のいる貞操観念0の男は、家事・育児の愚痴を妻からよく聞かされています。そんな男ですから、愚痴を聞いて同情をするのはやすい芸。「なんでも相談に乗るよ」だなんて甘い言葉で簡単に落とせると思っているんです。

3.束縛されるリスクが少ないと思われている

「体は寂しくても、結婚にはもう愛想が尽きているはずだ」というのは、貞操観念0の男のわがままですが、男達はそう信じています。どんなに親密になっても「結婚して」と言われる可能性は極めて低いだろうと思われているんです

貞操観念0のダメ男に不倫をされない最強の対策

ただでさえ仕事と家事・育児に忙しいのに、貞操観念0の男にかまっていたのでは自分のことがおろそかになってしまいます。どうせ恋をするなら、自分の幸せをつかむいい恋愛をしたいですよね。それでは、貞操観念0の男を近づけないためにはどうしたらいいのでしょうか。

「再婚したい」と公言する

最強の対策は、「再婚したい」と公言することです貞操観念0の男が狙うのは「シングルマザーとの恋愛ごっこ」です。やりたい時にやれて、結婚は考えないでいいのが彼らのベスト。「再婚したい」という一言は、彼らにとって絶対に避けたいNGワードです。
実際には再婚する気がなくても、「再婚したい」と公言しておくことで、自分が消耗するだけの貞操観念0の男との恋が避けられるなら簡単ですよね。それに、「再婚したい」と公言することで、近寄ってくる男が自然に「再婚前提で付き合いたい男」になってきます。いい出会いがあったらそれこそラッキーですよね。

収入が安定して自立した頃は一番油断してはダメ!

返済義務が発生する条件とは?

シングルマザーとの不倫を狙う貞操観念0の男は、収入が安定していて生活費に困った様子がなく、家事も子育ても面倒だと思わないしっかり自立したシングルマザーを狙ってきます。その方が楽に自分の欲求を満たせるからです。
シングルマザーになって一番の問題は収入面。この問題がなんとかなるとシングルマザーの心にも隙が出てきます。隙を狙われて無用な消耗をしないように、貞操観念0の男を寄せ付けない対策はしっかり打っておきたいですね。