シングルマザーを助けてくれる生活保護で受けられる支援

生活保護の支援を受ける選択肢もシングルマザーにはあります

返済バイト

シングルマザーが1人で子育てをしていくのはとても大変なことです。不景気によって給料も安く、その上子どもがいる分出費が多くなります。貧困が原因でシングルマザーが精神的に追い詰められ、心が病んでしまったり、子どもに手を挙げてしまったり、命を絶ってしまうこともあります。経済面でどうにもならない状況に陥った時は生活保護で支援を受ける必要があります。決して恥ずかしいことではないので、上手にその制度を利用してください。

シングルマザーが生活保護を受けるメリット

生活保護の支援を受ければ、生活は安定します。生活保護費は基本的に返さないでいいので、生活保護の受給が終わった後でも家計を圧迫することはありません。また様々な扶助を受けられます。生活、住居、教育、医療、介護、出産、生業、葬祭とあり、日常生活以外の急な出費に頭を悩ますこともなくなります。シングルマザーであっても、子どもに最低限の医療や教育を受けさせてあげられます。国民年金保険料や住民税や所得税も免除されます

申請前に要チェック。生活保護を受けるデメリット

シングルマザーが生活保護の支援を受けた場合、貯金をすることは不可能です。そのため、将来生活保護の受給が終わった後に子どもの進学のための蓄えがないなどということもあります。加入していた生命保険などを解約しなければなりません。歩行での移動が困難などという理由を除いて、車の所有も禁止されています。つまり、必要最低限の生活をするための生活保護を受給しているのに、お金がある状態だったり、お金がかかることをしているのはダメということになります。

シングルマザーを助けてくれる生活保護の申請の仕方

シングルマザーの生活保護はじっくり考えて決める

メリットデメリットを見比べて、生活保護を受けるのが自分にとっていいことか悪いことを判断してから申請するかどうかを決めます。申請は、まず住んでいる地域の社会福祉課へ相談に行きます。必要な書類を提出し、福祉事務所の職員の調査を受けます。家庭訪問などが行われ、日ごろの生活についてなどの質問に答えたりすることもあります。その後審査が行われ、生活保護の申請から大体2週間から1ヶ月ほどで結果の知らせが郵便で届きます。生活保護を受給しているからといって働かないでいいわけではありません。働いても生活保護基準額に満たなければ、その差額が受給されます。そして、別れた夫や両親、兄弟や親せきなどに生活費の援助をできる限りお願いしなければなりません